個人情報を守りたいなら圧着ハガキの作成がおすすめ

2枚もしくは3枚の用紙の中面を貼り付けたハガキのことを、「圧着ハガキ」と言います。貼り付けているとは言え、粘着力が高いわけではありませんので、簡単に剥がして中面を見ることが出来ます。また、一度剥がしてしまうと、再び貼り付けるということは出来ませんので、受取人以外が中面を見たか否かを簡単に判断することが出来ます。また、中面に個人情報が書かれているような場合にも、他の人に見られる事はありませんので、おすすめです。そして、中面が貼り付いている状態では、1枚のハガキの様ですが、用紙が折られて作成されていますので、中面の面積はハガキの数倍です。多くの情報を掲載することが出来るとして、ダイレクトメールなどに使用されることも少なくはないようです。

様々な形状があるが、送料は同一

一般的な形状の圧着ハガキはV型もしくは2つ折りと呼ばれるタイプで、2枚の用紙が中面で貼り付いているタイプです。通常の2倍の情報を掲載することが出来るとともに、作成する際の費用が安いという特徴があります。また、送料はハガキ一枚分ですので、同じ情報量の書類を封書で送った場合と比べると送料を安く抑えることが出来ます。同じように、3枚の用紙が組み合わされているZ型は通常のハガキと比べて3倍の面積であり、その分多くの情報を掲載することが出来ますが、送料は通常のハガキ、V型と同様です。どのようなタイプが適切であるかは、どの程度の情報をハガキに掲載したいのかによって異なります。印刷業者に依頼することで、手頃な価格でハガキを作ることが出来るというメリットがあります。

簡単に中面を見ることが出来ない

圧着ハガキは、中面が貼り付いている状態に作成され、受取人のもとに届きます。水に濡れても、衝撃を加えても、簡単に剥がれるという事はありません。ただし、乾いた状態で、用紙の端の部分をつまみ、開くことで、簡単に剥がすことが出来ます。そして、一度剥がした用紙は、再び貼り付くという事はありません。なお、雨などで濡れている場合には、綺麗に剥がすことが出来ない場合もありますので、必ず乾いた状態で剥がす必要があります。圧着ハガキはその特性から、第三者に情報を知られたくないようなことを載せるのに最適です。封書であれば、一度開封をしても、元の状態に戻すことが不可能ではない事から、封書よりも安全性が高いと言えるでしょう。また、ダイレクトメールとして送付する場合の開封率も高いとされています。

福岡本社を始め東京支社、大阪営業所の3拠点を軸に日本全国のお客様の販促活動をサポートいたします! ダイレクトメールのデザイン制作、申請手続き、発送代行までOK。DMパックならまるごとお任せ! 最安で、安心のDMの作成、宛名印字、郵便料金、全てご提案できる体制が整っております! DM作成でお悩みのご担当者様!まずはお電話下さい。 圧着ハガキのDM作成なら【DMパック】におまかせください